FC2ブログ

空の果てに夢見るセカイ

けっきょくのところ、空はどこからみても青いと思うよ。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 【SS】海に魅入られし海色の冒険者 ]
2009-06-30(Tue) 22:30:14
SEM日記より。




ただ、海を眺めていた。


冒険の途中、ふと立ち寄った海を見ながら、振り続ける雨に打たれていた。
その海は雨の中荒れ果てていて、マナの光だけがあたりをちらほらと照らしているだけ。
月明かりもなければ、たいまつも、クリスタルの輝きも、なにもない。
けれど、上を見上げれば、空高くに飛ぶマナの光が、まるで星のように輝いていて。

そんな中で一人、ただひたすら、雨に打たれていた。

今の自分がどんな顔をしているのかもわからない。
どうしてこんなところで突っ立っているのかも、わからない。
普通に考えたらこんなことをすれば、風邪をひいてしまうと思う。
けれど、なんとなく、そういていたかった。そこにいたかった。それを見ていたかった。

ただ、ただひたすら、どうしてかもわからなかったけれど、
自分と同じ色をした海を、泣いているかのような空を、この景色を、眺めていたかった。

「どうしたの? こんな所で! こんなとこにいたら風邪引いちゃいますよ!」
「あ、鈴……さん。いや、なんとなくね。綺麗だな、って思って」
「……別にさん付けしなくてもいいんですよ?」

傘を持って現れた友人。
気がつけば自分の体はびしょぬれで、身震いしながらその傘に入れさせてもらった。
タオルを渡されながら、砂浜を振り返る。

もしこの世界に、噂に聞いた蛍と言う虫が存在したなら、ああいう光を放つのかもしれない。
どこかの世界に存在したという、とある悲劇が起きた湖のまわりを飛ぶ光。
それは無念の魂の輝きだと聞いたことがあるけれど、それもまたきっと、ああいう光なのかもしれない。
なにかを求めるように、どこか悲しげで、ひたすら輝き続けるはかない光。
触れようものならば、砕け散ってしまいそうなくらい小さくて、それでもどこか力強い光。

「きれいですね」
「うん、このあたりは、よくマナの光が見えるみたいだね」
「こんな雨なのに、こんなに綺麗な星空が出てるなんて、なんだか素敵ですね!」

笑いながら、自分たちはテントへと戻った。
こんな素敵な景色の見える世界がここにあること、そしてそこに自分たちがいること。
神様なんて信じていないけれど、ほんの少しだけ、神様に感謝したくなった。

「へっぶし!」

うう、寒い。こりゃ風邪引いたかな……


――海に魅入られし海色の冒険者――



まず最初に、勝手に登場させてしまった上に色々勝手してしまった鈴さんにお詫び申し上げます……!
友達の中で登場させやすそうな人、と考えて出てきたのが鈴ちゃん(あれ?)だったので!

と言う訳で、SEM小説進出への試しに、このアバターショットを題に小説を書いてみました。
一番最後の青文字がタイトルになります、一応。

358スキンで読み直ししてたら、目が痛くなったので、スキン変えました……orz

感想。意外と考えなしの短編でもけっこういけるもんだなー
なんて言ってみますけど、たまたま自分のアバターショットがネタ満載だったからだと思います。
雰囲気、雨の中の蛍、雨の中の星空、とか。

マナの光とか冒険者辺りは勝手に作った設定です。
なんかこう、自然豊かでマナ豊富な場所は自然発光するマナがふよふよ漂って飛んでいる的な。
そしてごくまれに、空高くを飛ぶ、まるで星空のような発光マナ現象が確認されたりとか。
冒険者? だってほら、せっかく武器とステータスがあるんだし……

たいまつはプレイしたことないながらDQネタ、湖の光のくだりはRoFネタです。
クリスタルはもちろんFFっぽく。
小説TB : 0CM : 0
ゲーム云々HOMEしもべ日誌/発売日

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://emptinesswolrd.blog88.fc2.com/tb.php/182-d6248b00



copyright © 2018 空の果てに夢見るセカイ. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。