空の果てに夢見るセカイ

けっきょくのところ、空はどこからみても青いと思うよ。
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 【SS?】自称一般人 ]
2009-07-13(Mon) 01:24:30
SEMから転載。


悲しいことに、俺が「一般人」だと名乗っても、それは自称にしかならなかった。

「よお、あー、なんていったか? ん、ゼォリタ。苗字は鈴木だっけ?」
「鈴村ミキヤ! 何度言えば覚えるんだあんたは! えーと、黒月先生?」
「お前も間違ってるし!? おま、だから、髪下ろしてるのが黒でポニテが神だと何度言えば――」

これは廊下ですれ違った担任の先生。神月 有子先生。ユウコと書いてアリス。
“暇だから”天界から降りてきて学園の教師をやっている王直属部隊の上級天使。
なんでか俺の名前を覚えてくれない。これはちょっとした仕返し。

「黒月先生はこっちだ……バカめ」
「あれはわざとです。って言うかその見下した目すっげーむかつくんですけどシイラ先生」
「そのつもりでやっているんだから当たり前だろう」

こいつはいつの間にか俺の背後をとっていた隣のクラスの先生。黒月 椎羅先生。
やっぱり“暇だから”魔界から出てきた学園の教師をやっている魔王。
アリス先生とは双子の姉弟らしい。性別と目の色が違うけど後姿じゃ見分けがつかない。

「ほら、ミキヤ。行くよ。裏山にバケモノが出たって厨二病男が叫んでるのよ」
「ま、マキ……わかったから鎖引っ張るなよ……」
「あ、黒月先生に神月先生、こんにちは。そして失礼します」

俺のパートナー、星北 真樹。隣、黒月先生のクラスの優等生。かわいい。
でもその正体は人間界の平和を守るために派遣されてきた天使。
そしてツンデレで、なぜか俺は主導権を握られている。

俺は鈴村 三鬼夜。一般人だ。……自称。そしてまたの名を、ゼォリタ・セロウズム。
一般人でありたいけれど、その正体は魔界でも上位にあたり、魔王に仕える四天王一族のうちのひとつ、
ケルベロス・セロウズム家の生まれ。ケルベロス。頭は3つないけど火とか吐くよ。
しかも不死身系の能力持ち。生まれつき。超生命力と超再生力。ゴキブリってレベルじゃない。
それでいて天使と契約して人間界の平和を守るヒーロー役。そんながらじゃないのに。
更に人間界に湧く魔物は一般人には見えない。俺たちの本体も見えない。どこの漫画だよ。
人間に見えない首輪つけて鎖で契約者の天使に管理されてる。犬か。ふざけんな。
こっちで名乗ってる名前も鬼。もっと普通な名前付けてください。

「諦めな。男に興味はないんだ」

こいつが天界の王、シン。神と書いてそう読むらしい。何を隠そう学園長。
神様なら俺を一般人にしてくれと願うけれど、男にはつめたい。
俺を一般人にしたら魔王が困るとも言っていた。跡継ぎは兄貴がいるからいいじゃないか。

そんなこんなで俺は今日も、人間界に湧いた魔物を倒す。
リーファ(マキの本名リーファ・ミラディル)は横で見てるだけだし、いくら戦闘能力低くて、
相手がザコだとしても、手伝って欲しい。攻撃系の能力持ってない俺だって、戦闘得意じゃないのに……
爪とちっせえファイアブレスだけであんなでかいバケモノ(注:某死神漫画を思い出してくれ)と戦えと言うか!
ケルベロスそんなデカくねーんだぞ。一戸建てvsビル。いくら不死だからって……

「よお、帰ってきたかミキヤ。くくっ、惜しいな、俺の力を見せられずに……」
「黙れ厨二病」
「こら鈴村、そんなにストレートに言っちゃ可哀想じゃない」
「なっ、なんなんだ貴様ら! 俺のこの目が落ち着いてるからいいものを――」

根川 恵二。「ネガいなんて叶うワケがない」と自称する厨二病男。
眼帯と包帯が目印。こんなんでも一応“素質”があるから困る。素質、つまり“見える”。
その素質も今はまだいい魔物レーダーとしてしか使えない。そのうち魔法でも使えるようになりゃあな。

「ふ、魔法……今に魔の力を得て、あんな下等な生物など滅ぼして――」
「無理してはだめ……そんなことをすれば、あなたの身体は……!」
「エマ! く、しかし!」
「なーマキ、今日の昼飯なににするー?」

隣のクラスの江間 希恵。「全てキエる」と自称する厨二病女。
希望に恵まれるというすばらしい名前をもらっておきながらひどいやつだ。親に謝れ。
こいつも素質持ちだがぶっちゃけ二人ともうっとうしい。先生これどうにかして。

「えーめんどくせー。ネガワなんかそんな害ないからほっとけって」
「あの程度の素質じゃちまい魔法しか出せないだろうしな。訓練すれば別だが……面倒くさいし」

この双子……上級天使と魔界を治める王がこんなんでいいのか!?

「いいんじゃない? 別に問題あるわけじゃないし」
「うむ、戦争があるわけでもないしな。平和なのはいいことだ。はっはっは」

天界の王と人間界の王(名をクルード・アスペリティア)もコレ。いい加減にも程がある。

平和。違う、俺は、俺は一般人として生活したいんだ!!

『諦めろ』

……ですよねー。
小説TB : 0CM : 0
雑記HOMEドラクエ? やった事ありませんが何か!

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://emptinesswolrd.blog88.fc2.com/tb.php/191-64224ce1



copyright © 2017 空の果てに夢見るセカイ. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。